社会保険労務士の難易度

さて、このページでは社会保険労務士の難易度を紹介していきます。

平成17年 8.9%
平成18年 8.5%
平成19年 10.6%
平成20年 7.5%
平成21年 7.9%

以上が過去5年の合格率です。平成19年を除き合格率は毎年1ケタ台です。 これだけでは、試験の難易度を検証するのは難しいので、試験科目も見てみます。
・労働基準法及び労働安全衛生法
・労働者災害補償保険法
・雇用保険法
・労働保険の保険料の徴収等に関する法律
・健康保険法
・厚生年金保険法
・国民年金法
・労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識

これが社会保険労務士の試験科目になり全部で8科目にも及びます。
要するに社会保険労務士の試験は、合格率が1桁なうえ、勉強する科目が非常に多いことになります。つまり難易度が非常に高いのです。
皆さんはこれから、このような試験に合格しなければいけません。

私はここまで再三、テキストや教材について説明してまいりました。
これだけ難易度の高い社会保険労務士に合格するには、勉強時間も勉強法も大切になりますが、 教材も非常に大切になります。
ただ単に適当に選んだ教材で勉強しても、合格することが出来ない試験なのです。

無駄を省き効率的に学習していくためにはどうするか、法律を深く理解するためにはどうするか、 知識を早く吸収するためにはどうするかなど、合格するために必要なことが、 良いテキストや問題集、はたまたDVD講義を使うことで、解決します。
それに良い教材にめぐり合えれば、勉強時間も少なくすることができますし、 正しい勉強法も身についてきます。

もっと言えば、不合格になる人の多くは独学で勉強しています。
テキストや問題集の選定、もしくはDVD講義など深く考えていないでしょう!
だからこそ、ライバルに差を付けるためには良い教材というものが鍵を握ってくるのです。

このページで社会保険労務士の試験の難易度の高さを認識して、もう一度テキストや問題集などの教材の重要性を再認識してください。
そこをしっかりとできれば、社会保険労務士合格も遠くないはずです。