社会保険労務士のテキスト以外に重要な教材!

ここまで、テキスト中心のお話をしてきましたが、社会保険労務士に合格するには それだけでは対応できません。
問題集は当然としても出来るだけDVD講義を用意することをお勧めします。 何故なら、DVD講義を使い、知識を吸収するスピードと理解力を深めていかなくては、 とても社会保険労務士の試験に短期合格することは難しくなるからです。

まだ社会保険労務士の試験の難易度について詳しく説明していませんが、
はっきり言ってとても難しい試験だと言えます。
中々1回で合格することは出来なく、3,4回不合格になるのは、当たり前といっても良いかもしれません。
それだけ試験範囲が広くて、全ての知識を理解するのが大変なのです。

もちろんDVD講義は絶対教材ではありません。
テキストと問題集だけでも合格することは可能です。

しかし、実際に私も勉強してみて分かりましたが、テキストだけの勉強では、
今でも合格できなかったと思います。(ちなみに2回目で合格しました)
やはり1年や2年で合格を目指すなら、DVD講義を用意すべきです。

DVD講義は、講師と顔を合わせながら勉強できることで、視覚的効果を 生み、記憶しやすくなるとともに、実務などの話も織り交ぜてくれるので、 頭の中でイメージしやすくなります。
そのため、テキストだけに比べ何倍ものスピードで知識を吸収していくことが出来るのです。

もし、あなたが社会保険労務士の合格を目指しているのなら、テキストの質はとても需要になります。それはいまさら言うまでもありません。
ですが、それ以外のプラスαを加えることで、より有利に受験を戦っていけるのです。 それがDVD講義です。

尚、DVD講義、もしくは問題集の選び方について説明していないのですが、 それは、テキストが決まれば、自動的に問題集とDVD講義が決まってしまうからです。

どういうことかと言うと、講義というのはテキストに沿って進められ、テキストとセットになっていなければいけません。問題集も叱りです。

これがバラバラのものを選んでしまうと内容に一貫性がなく、知識がちぐはぐになってしまい ます。
例えば、テキストとDVD講義で言っていることが違ったり、勉強する項目の順番違ったりする恐れもあります。
また、テキストで覚えたことが問題集に載っていないこともあるかもしれません。 いくら同じ社会保険労務士の試験だからといって、編集する人が異なれば、内容も違ってくるのです。

ですから、テキストと問題集、DVD講義は全て統一されていることが絶対条件なのです。